KANOのモニュメント

到着した夜、散歩に出かけました。
宿から横によぎればおそらく5分ほどで夜市に着くというのに、わざわざぐるりと大通りから歩いてみます。

中央噴水池のロータリーに、KANOのモニュメントがあるはずなので行ってみたのですが

なんと!!


観れません。

※あとでわかったのですが、この日より数週間前に行った方も見れなかったそう。

で、翌日、市内バスに乗ってちょうどこのロータリーを通過すると

あれ?

なんと前日カバーされていたのが、外されておりました!

ラッキーというかなんというか、

なにしろ360度の角度から見れるのでキリがないのですが(笑)

実は何が変わったのかよく知らぬまま、、
後日、タイムリーな記事を見つけました!
こちら

タイトルのKANOは嘉義の嘉義農林学校の嘉農です。
『KANO 1931海の向こうの甲子園』
なんと台湾と日本人の混合メンバーで甲子園に出場したんですね。
俳優の永瀬さんが監督役です。
映画では笑みを見せません^^;

台湾の映画はなるべく映画館上映している時に観ようと思っていて
この映画はもちろん観たのですが、細かなところが忘れています。
もう一度観たら、また嘉義に行きたくなるかもしれません。

続く

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA